Ticket is not available

Close
Event is FINISHED

5月20日(日)土井善晴の日本文化を感じる講演会シリーズ・第8回 土井善晴 × 古屋真弓・鈴木理恵「民藝と家庭料理」

Description

  土井善晴さんが、ご縁のある方をお迎えして行う講演会シリーズ第8回。今回は日本民藝館学芸員の古屋真弓さん、日本民藝協会『民藝』編集者の鈴木理恵さんをお招きして家庭料理のなかに息づく民藝についてお話していただきます。


日時:2018年5月20日(日)
開始:14:00 (開場13:30)
終了:15:30 (終了後質疑応答のお時間を予定)
料金:2,160円(税込)
定員:着座80名+立ち見20名



【注意事項】

・70歳以上のご高齢の方・お体の不自由な方・妊婦の方は優先席をお求め下さい

・25歳以下無料 (チケットは25歳以下無料チケットをお求めください。受付で身分証のご呈示をお願いいたします。)

・複数枚ご購入のお客様はお連れ様がおそろいになってからのご入場となります。

*開演時間の定刻までにお越し頂けない場合に立ち見のお客様を座席にご案内させていただく場合がございますのでご了承ください



【登壇者プロフィール】
土井 善晴

料理研究家 1957年大阪生まれ。スイス・フランスで、フランス料理を学び、帰国後、大阪「味吉兆」で日本料理を修業。土井勝料理学校講師を経て1992 年に「おいしいもの研究所」を設立。変化する食文化と周辺を考察し、命を 作る仕事である家庭料理の本質と、持続可能な日本らしい食をメディアを通して提案する。


古屋真弓 (写真左)

1974年生まれ。東京都出身。ICU在学中より民藝に関心を持つ。国際交流基金などの仕事を経て、2009年より日本民藝協会、2014年より現職。国際関係、広報、教育普及を主に担当している。展覧会では、髙島屋各店を巡回した「民藝の日本-柳宗悦と『手仕事の日本』を旅する-」展や、「棟方志功と柳宗悦」展を担当。

鈴木理恵 (写真右)

1983年生まれ。茨城県出身。大学時代に京都で民藝に出合う。2006年に工芸を扱う会社へ入社。2013年より現職。日本民藝協会事務局の仕事のほか、月刊雑誌『民藝』の編集を隔月で担当。最近の特集としては20181月号「棟方志功と柳宗悦」特集、3月号「心偈」特集、4月号「自然布―野の恵みから生まれる布」特集を担当。

Sun May 20, 2018
1:30 PM - 3:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
もうひとつのdaidokoro
Tickets
土井善晴の日本文化を感じる講演会 第8回 SOLD OUT ¥2,160
土井善晴の日本文化を感じる講演会 第8回 優先席(ご高齢・妊娠中・お体の不自由な方) SOLD OUT ¥2,160
土井善晴の日本文化を感じる講演会 第8回 25歳以下無料立ち見席 FULL
Venue Address
東京都豊島区東池袋 1‒8‒1 WACCA池袋 5F Japan
Organizer
一般社団法人 おいしいにっぽん
498 Followers